イタリアのロゼワインでおすすめのボトル3選

イタリアのロゼワインでおすすめのボトル3選

ワインを日頃から飲んでいる方であっても、ロゼワインに関してはあまり馴染みがない方もいるかもしれませんね。

僕もワインは10年以上好きですが、正直ロゼワインの魅力を知ったのはここ2〜3年の話です。

ロゼワインはその名の通り液がバラのようなピンク色をしたワインのことで、赤や白とはまた違った魅力があるんですよね。

ロゼワインは、赤と白の中間のような透明感のある綺麗なピンク色のワインのこと。

果皮が含まれていない分、赤ワインよりも渋みが少なく、辛口、甘口どちらも飲みやすいものが多いんですよね。

今回は、イタリア産のロゼワインの魅力についてご紹介していきたいと思います。

おすすめロゼワイン3選


ロゼワインは見た目も華やかでワイン独特の渋みが少ないことから、万人ウケしやすいワインでもあります。

ですが、同じロゼワインでもその造り手や使われているブドウの品種によって風味に大きな違いも存在します。ここでは、特に僕がおすすめしたいイタリア産ロゼワインについてご紹介しますね。

・ロザート
ロザートは比較的安価で手に取りやすいイタリア産のロゼワインです。
上品なピンク色と可愛らしいピンクを基調としたボトルなので、女性に好かれる一品でしょう。
味についても上品で華やか。黒ブドウを使っていることによるベリー系の風味ですが、爽やかでさらっと飲めてしまうのが魅力です。
味:すっきり(ライトボディ)
味わい:滑らかでラズベリーのような華やかな甘み
価格:1,200円

・サンタ・クリスティーナ・ロザート
トスカーナ州の銘醸家で造られたこちらのロゼワインは、特に液の赤みが強いのが特徴です。
鮮やかですが、赤ワインほど渋みがなく、すっきりと飲むことができるデザートワインです。特に赤ワインが好きな方にとっては馴染みやすい味わいのワインかもしれません。
味:ややすっきり(ライトボディ)
味わい:チェリーのような深みのある味わい
価格:1,600円

・ロゼ・デル・ボッロ
こちらは少し高級感のあるロゼワインを飲んでみたい方におすすめです。
香りは花のような華やかさがあるものの、味はフルーティな酸味があることから非常に飲みやすく、上品な時間を演出するのにぴったりなワインだと言えます。
味:すっきり〜しっかり(ミディアムボディ)
味わい:上品な酸味のあるイチゴのような味わい
価格:2,400円

そもそもロゼワインってどうやってできてるの?


ところで、ロゼワインはどのようにして造られているか知っていますか?

多くの人が勘違いしがちなところなのですが、ロゼワインは何も赤ワインと白ワインをブレンドしているわけではありません。

とはいえ僕も5年くらい前まではそうだと思い込んでいたので、あんまり人のことは言えないんですけどね…。

ロゼワインは赤ワインにも使用される黒ブドウを原料として使いつつ、赤ワインとは違いその果皮を取り除いて造られます。

そのことにより、赤ワインの味わい深さと白ワインのすっきりさの両方を併せ持つ、まさにハイブリッドなワインが出来上がるというわけです。中には黒ブドウと白ブドウをブレンドさせて造られるロゼワインもありますね。

造り方はその銘柄によってそれぞれなのですが、醸造方法と使用するブドウの品種によって、様々な味わいが生まれるのでロゼワインも非常に奥深い飲み物であることがわかります。

まとめ

以上のように、赤ワインや白ワインに様々な魅力があるとともに、ロゼワインにも様々な魅力があり、世界中で愛されています。
見た目の美しさ、飲みやすさ、味わいの深さどれを取っても素晴らしいロゼワインは数多く存在しますが、同時にその味わいも様々。
僕個人としては、先ほど紹介したロゼ・デル・ボッロがお気に入りなのですが、人によって気に入る銘柄は違うことでしょう。
ロゼワインに興味を持たれた方は、ぜひ気になるロゼに挑戦してみてくださいね。

ワインについてカテゴリの最新記事